• ホーム
  • 鳥インフルエンザの感染経路や対処法

鳥インフルエンザの感染経路や対処法

鳥インフルエンザは、インフルエンザウィルスが鳥類に感染した状態のことです。
正式名を高病原性鳥インフルエンザウイルスと言います。
鳥の間では高い感染力があるため養鶏所などでは短期間で広がる恐れがあります。
感染経路としては人と違って糞を介して行われることがほとんどです。
一度感染すると致死率も高いので養鶏所にとっては頭の痛い問題です。

基本的に原因となるウィルスが異なるため人に感染することはありません。
感染している鳥を食べることでも、十分に加熱調理されていれば問題ありません。
今の所国内で人が鳥インフルエンザに感染したと言う報告はありません。
海外ではアジアやアフリカで多くの感染例が見られています。
そのほとんどの感染経路は感染した鳥やその排泄物、死体、臓器などに頻繁に接触したことによるものです。

厚生労働省では鳥インフルエンザについて情報に関する注意喚起を行うとともに、国内で発生している場所の調査や検閲所による入出国者の対応を行なっています。
このように厳重に対応する理由としては新型インフルエンザが発生する危険性があるからです。

鳥インフルエンザは感染対象となる動物が異なるため人に直接感染することはありませんが、大量のウィルスとの接触や宿主の体質によって感染することがあります。
その結果、突然変異が起こり新型のインフルエンザウィルスが発生する恐れがあります。

新型のインフルエンザになると症状も感染力もわからず、封じ込めるための対応も不明なため、パンメディックになる恐れもあります。
また、場合によっては致死率の高いウィルスになることも考えられます。
そのため厚生労働省は鳥インフルエンザが原因で発症した恐れのある患者を発見するために医療機関に報告をするよう呼びかけています。
現時点では人に感染することはまれですが、無視できない問題です。
発生している地域に行く必要がある場合には、万が一でも感染しないためにいくつかの注意が必要となります。

鳥インフルエンザの発生したらどう対応すればいい?

鳥インフルエンザが発生していることがわかっている場合には近づかないと言うことです。
インフルエンザウイルスが体内に入り込まない限り感染することはありません。
近づかなければいけない状況になった場合には、弱っている鳥や死んだ鳥は感染している恐れがあるので触れないように注意してください。

直接鳥に触れない場合でも糞が乾燥して舞い上がっていることがあります。
周辺に舞っているホコリを吸い込まないように注意が必要です。
現場を離れた後も衣服に付着している恐れがあるので不注意に扱わないような対応が求められます。
ホコリが舞わないように裏返して衣服を脱ぐなどの対処をしましょう。

発生した地域に行った後で38度以上の発熱や呼吸器の異常が見られる場合には医療機関や保健所で診察を受けましょう。
その時には行った場所や状況の説明を忘れずに伝えるようにします。
季節性のインフルエンザと症状は同じでも鳥インフルエンザである場合には対応が違ってきます。
医療機関は感染の恐れがある患者を発見した場合には、保健所に情報提供する対処が必要になります。

基本的に食べることによって感染した事例はありません。
ただし、発生地域の鶏肉を調理する場合には十分な加熱しましょう。
未加熱や加熱が不完全だったことによって鳥インフルエンザだけではなく食中毒のリスクが高いため危険です。
半熟卵なども注意が必要になります。

発生地域は国内であれば農林水産省の公表によって確認することができます。
海外については世界保健機関によって公表される情報や現地政府の公表によって発生地域を確認しましょう。
輸入に関しては個人が気にする必要はありませんが、渡航する場合には事前に情報収集を忘れないようにしてください。