• ホーム
  • リレンザでインフルエンザの予防ができる?効果は?

リレンザでインフルエンザの予防ができる?効果は?

熱が出る女性

リレンザはインフルエンザに対して効果のある抗インフルエンザ薬のひとつです。
リレンザの特徴としては粉末を吸入することによってインフルエンザウイルスの増殖を抑えるというものであり症状の緩和のほか予防としても使うことができます。

リレンザの仕組みを知るには、インフルエンザウイルスの働きを理解する必要があります。
インフルエンザウイルスは活動がしやすくなる11月から12月頃で1月から3月がピークになります。
インフルエンザウイルスは感染者が咳やくしゃみなどのしぶきに含まれ、それをほかの人がウイルスを直接吸い込んだり、または付着しているものを手で触るなどして、それが口に運ばれたりして感染します。

体内に侵入したウイルスは気道の粘膜に吸着し、そこで細胞内に入り込み増殖をはじめ、感染2日後にはピークになり、増殖したウイルスにより喉や気管支、また肺などで症状が現れるまで1日から3日程度と非常にスピードがあります。
感染者の中で増殖したウイルスは咳やくしゃみなどで体外に放出され感染者を増やしていきます。

インフルエンザウイルスそのものは体内の免疫作用により十分な体力があれば自然に治るものですが、子供や高齢者の場合には死亡に至るケースもあります。
風邪とは異なりウイルス性の症状ですから十分に静養する必要があり、また無理をして外出をすると他の人に感染させる可能性があります。

一方でリレンザの働きとしては、インフルエンザウイルスが増殖する気道でウイルスが細胞に侵入するのを阻害します。
ウイルスは細胞に侵入しなければ増殖することができませんから、リレンザを使用することでウイルスの感染を予防することができ、また増殖を防ぐことができるので治りをはやくさせる効果があります。

ただし予防に関しては、リレンザはあまり使われません。
この理由は副作用のリスクがあることと予防効果が10日程度と非常に短いためです。
予防で処方してもらえるのはインフルエンザ発症者と同居している人や、インフルエンザを発症すると重症化のリスクが高いと考えられる病気のある人たちです。
ただあくまでも医師の判断基準であり、その期間だけ絶対にインフルエンザにかかりたくないといった相応の事情があるときには予防薬として処方してくれるケースもあります。

リレンザを使用する前に気を付けること

リレンザは日本では処方せん薬であるため病院を受診しインフルエンザに感染していることが確認されなければ基本的には処方されません。
予防に関しては抗インフルエンザ薬ではなくインフルエンザワクチンによる予防接種であるためです。

ただインフルエンザワクチンにも副作用がありますし、型が違うと効果が現れないことがあります。
その点ではリレンザはインフルエンザA型とB型の両方に効果があり予防効果が高いといえます。
仕組みがウイルスが細胞に侵入するのを阻害する薬であるためで、またワクチンと異なり即効性があります。
このため子供が受験や試合などで休めない時などには予防薬として使うと効果的です。
ただし吸入するという変わった薬ですので、うまく使わせるようにしなければなりません。

リレンザは効果的な薬ですが、副作用もあります。
副作用としては下痢・発疹・吐き気・嘔吐・嗅覚障害、顔のむくみなどです。
発症時には気にならない程度の副作用ですが予防で利用した場合には、気になる可能性があります。
また重篤な副作用も報告されており、それがアナフィラキシー様症状で呼吸困難・蕁麻疹・血圧低下・顔面蒼白・冷汗などの異常が現れることがあります。
このような副作用が見られた場合にはすみやかに使用を中止し病院を受診する必要があります。

なお、インフルエンザは感染後に治療する場合には健康保険が適用されますが、予防を目的とする場合には全額自己負担です。
病院によっては、リレンザだけで3千円程度必要です。
基本的にリレンザは処方箋薬ですから日本では薬局では手に入れることができませんが、通販で手に入れることが可能です。
この場合の通販は個人輸入という方法で海外で販売されているリレンザを購入するというものです。
この場合には5000円ほどかかりますが、内容量が多く予防薬として備えることができます。
リレンザを通販する方法について調べてみましょう。