• ホーム
  • ノロウイルスの恐ろしい感染力とは?感染経路や症状

ノロウイルスの恐ろしい感染力とは?感染経路や症状

冬はインフルエンザの話題が多くなり、その対策で清潔にする人も多くなりますが、ノロウイルスも冬の時期に猛威を振るう感染症です。
寒くなり始めた11月頃から患者数が増え始めて、12月から2月にかけてピークを迎えますが、感染は年間を通して発生します。
食中毒は夏に多くなりますが、ノロウイルスは冬季に増えるだけでなく、年間を通して感染の可能性があるのです。
集団生活の多い子どもたちや抵抗力が低下しやすいお年寄りなどを中心に、感染者が急激に増えるウイルスです。

目に見えないウイルスが10個程度残っていただけでも、それにより感染してしまいます。
体内で急激に増殖し、次々にうつってしまうという、非常に強い感染力を持っています。
子どもが集団生活の中で感染すると、家に持ち帰って家族にもすぐに広がってしまうパターンが多くみられます。
感染経路は様々ですが、食中毒などと同じように、給食やレストランなど、食事を提供する場が感染経路として考えられます。

主に牡蠣などの貝類が感染源となっていますが、ウイルスに感染した人の嘔吐物や糞便、そのウイルスを含む空気を共有することなどで簡単に感染してしまうため、子育て家庭にとっては対処が非常に難しい感染症なのです。
症状は嘔吐や下痢が中心で、高熱が出ることは少なく、排出機能に任せて自然にウイルスが体外に出ていくのを待つことになります。
ウイルスの種類も膨大であり、現在のところ予防接種なども不可能な種類の感染症です。

長期的な免疫ができないため、人によっては何度もかかってしまいます。
ノロウイルスはインフルエンザと同じように寒い時期に感染が増えるため、体調を崩さないようにすることが重要です。
体調を崩していると、複数のウイルスに感染する可能性があるのです。
とくにノロウイルスは潜伏期間が長く、感染しても子どもは自分体調の悪さを説明することが難しいため、急に嘔吐や下痢をしてしまうことがあります。

ノロウイルスの症状と予防方法

ノロウイルスは一度感染すると、その強い症状に大いに悩まされます。
抵抗力のある大人は予防も可能ですし、感染しても症状が軽いままであまり症状も出ることなく治癒することがありますが、子どもの場合は予防も難しく、症状も強く出ることがあるのです。
寒い時期に集団で閉じた室内で過ごすことも多いため、大規模な集団感染になることがあります。
感染力が強いため、嘔吐処理の際には知識を持って対処する必要があります。

次亜塩素酸などで消毒することが必須になりますし、処理に使った道具類もすべて消毒したり廃棄する必要があります。
嘔吐者が出た場合は、寒い季節ですが室内の空気をしっかり入れ替えて、ウイルスが浮遊している空気を外に出さなくてはなりません。
子どもがウイルスを家に持ち帰って家庭内で症状が出ると、家庭内での感染拡大を防いでいくことは大変難しくなります。
食中毒を防ぐ際と同じように、テーブルや手すり、取っ手などをこまめに消毒するなど、徹底的に清潔にしていくしかありません。

家庭内では乳幼児からお年寄りまで全員で防いでいかなくてはなりません。
嘔吐、下痢などが起きた場合は、その症状が数日続きますので、水分や栄養分を補給することが重要になります。
子どもの場合、症状によっては水分不足となるために点滴などの医療処置が必要にある場合があります。
受診の際は医療機関に事前連絡の上で受診する方が安心です。

また、お世話をしている親も、感染の可能性が通常より高まりますので、体調管理などをしっかりしていく必要があります。
わずかなウイルスの個数でも感染する驚異のノロウイルス。
対処するには日ごろから体調を整えて、抵抗力をつけていくことが重要になります。