• ホーム
  • イナビルの治療効果と病院処方について

イナビルの治療効果と病院処方について

白いマスクをかける女性

インフルエンザの治療薬には様々な種類がありますが、イナビルもその一つです。
このイナビルというのは商品名で、正しくはラニナミビルといいます。
このラニナミビルという成分には、ノイラミニダーゼという酵素を阻害する効果があります。

ノイラミニダーゼというのは、インフルエンザのウイルスが体内に入り込んだ場合に、その増殖を助ける働きがあります。
ウイルスはまず細胞内に入り込み、増殖後に他の細胞に入って、自分のコピーをどんどん増やしていきます。
この他の細胞に入り込むのを助けるのが、ノイラミニダーゼなのです。

ですからノイラミニダーゼを抑え込んでしまえば、そこでウイルスの増殖は食い止められます。
このラニナミビルがインフルエンザの治療薬として用いられるのは、この効果があるからなのです。
このラニナミビル、商品名イナビルは病院処方薬であり、病院で処方箋を書いてもらわないと購入することはできません。

通販サイトでもイナビルを取り扱っていることがあります。
ただし今までイナビルを使ったことがない場合は、やはり通販ではなく、病院や薬局などで処方してもらう方がいいでしょう。
また予防投与もできますので、家族に高齢者や内臓疾患を抱えた人がいて、感染すると重症化の恐れがある場合は、そのための処方をしてもらうこともできます。

イナビルは服用薬ではなく、吸入することにより、成分を体内に取り込みます。
1日1回で十分なので、他の治療薬のような飲み忘れがありません。
またこの薬の特徴として、効果が長時間持続します。

効果が持続するため、耐性ウイルスが出来にくいこともメリットの一つです。
耐性ウイルスというのは、ウイルスが増殖する過程において、その薬に何らかの変化が起こり、薬が効かなくなってしまうことをいいます。
ただし他の薬もそうですが、吸入したにもかかわらず、再発することがあります。
それはまだ体内にウイルスがいるということなので、調子がよくなっても、必ず一定期間は休むようにして、外出を控えるようにしましょう。

副作用としては、下痢やめまい、吐き気、蕁麻疹などがあります。
副作用が出ても症状が軽ければいいのですが、もし呼吸困難や顔面蒼白になった場合は、すぐに病院に連れて行くか、搬送するようにしてください。

イナビルの吸入方法

イナビルは白色の粉末薬で、薬の入った容器を口にくわえて吸入し、成分を体内に取り込みます。
治療目的の場合は、できるだけ早く、少なくとも発症後48時間以内に用いるのが望ましいといえます。

用法や用量は、10歳以上と以下とで異なります。
大人、あるいは子供でも10歳以上の場合は、イナビル40ミリグラム分を1回分の用量として吸入します。
これは容器2個分に相当します。
一方で10歳未満の子供の場合は、20ミリグラム、容器1個が1回分になります。

また治療以外に、予防として用いる場合には、大人や10歳以上の子供は、40ミリグラム2個分を1日1回吸入します。
また1日1回20ミリグラム1個分を吸入する方法を、2日間続けるという方法もあります。
10歳未満の子供の場合は、1個分20ミリグラムを1日1回吸入します。

1日1回のペースなので、飲み忘れしにくいというのもメリットといえます。
しかし薬そのものがパウダー状なので、最初の方は要領がわからず、すべて吸入できているのか不安になることもあります。
特に普段錠剤やカプセルを飲み慣れている人は、不安に感じることがあるかもしれません。

ただしイナビルの場合は、すべて吸入しなければならないものでもありません。
容器の半分の量ほど吸入できていれば、ほぼ大丈夫であるといわれていますので、すべて吸入できたかどうか、そう神経質になることはありません。
ただし初めての場合は、調剤薬局で吸入方法を教えてもらうようにしましょう。

それから予防目的でイナビルを入手する場合は、全額自己負担になります。
この場合は6000円から1万円ほどになります。
イナビルの処方で保険が適用されるのは、症状が出た場合に限られますので、その点に気をつけるようにしましょう。